オブラルLとアフターピルは何が違うの?

オブラルLの購入はこちら

避妊に失敗した女性 基本的に、ピルと聞くと低用量ピルをイメージする人は多いですが、ピルの中にはオブラルLをはじめとした低用量ピル以外にも、中用量ピルや高用量ピルと呼ばれる種類もあります。

中用量や高用量はアフターピルやモーニングアフターピルといった名前で呼ばれることが多いです。

このアフターピルは事後避妊薬などとも言われ、万が一避妊に失敗した場合でも後から避妊ができるため、避妊を避けたい人にとって最後の砦といえます。

このページでは、そんなアフターピルと低用量ピルの違いなどについて詳しく紹介していきます。

低用量ピルは知っているけどアフターピルは知らないという人も、このページを参考にして知識としてアフターピルというのがあるのを知っておくだけでも十分に役立ってくれると思います。

 

避妊失敗!?をなかったことにしてくれるアフターピル

通販を使う女性アフターピルの最大の魅力は、避妊に失敗してしまった場合でも後から避妊ができるという事。

コンドームをつけてもらっていたのに、中で破れてしまってたり、外れてしまったりで妊娠してしまう人は少なくありません。

しかし、アフターピルを使う事によって、そうした場合でも事後避妊が可能です。

もちろん、普段から低用量ピルを服用するようにしておくだけで、避妊が可能なので低用量ピルを使うのが一番の選択ではあります。

どうして後から避妊ができるのか?

中で出されてしまったら妊娠してしまう。

その認識は間違いではありません。しかし、妊娠が成立するまでにはある程度の猶予となる時間があります。

妊娠のメカニズムは知ってる方も多いでしょうが、精子と卵子が結び付き受精卵となったものが着床することで妊娠成立となります。

これを逆に考えると着床を未然に防ぐことができれば、妊娠成立とならず避妊ができるというワケです。

 

避妊のメカニズムは低用量とアフターで同じ

通販を使う女性ピルは服用することで避妊ができるわけですが、その理由はホルモンバランスを人工的に変化させ、妊娠している状態と同じようなバランスにすることで、身体へ既に妊娠していると勘違いさせることで着床を防ぎ避妊を行います

 

オブラルLなどの低用量ピルと呼ばれる種類のピルは、薬に配合されているホルモン量は非常に少なく、ホルモンバランスの変化を徐々に行うことによって避妊状態へと変化させます。

一方のアフターピルは中用量~高用量ピルという名称からもわかるように、薬に配合されているホルモン量が非常に多いので、一気にホルモンバランスに変化を与えて避妊状態を作りだします。

 

ホルモンバランスを変化させて妊娠しない状態へと身体を変化させるわけですが、その変化速度にちがいがあるわけです。

変化速度の違いは副作用の有無に繋がる

薬のイメージオブラルLなどの低用量ピルを服用している人の中にも、ホルモンバランスの変化によって副作用を感じる人、感じたことがある人は少なくありません。

どれだけ少しずつホルモンバランスを変化させるといっても、人工的な変化は少なからず副作用を引き起こすわけです。

もちろん、副作用の感じやすさは個人差があるので全く感じない人、ひどく感じる人がいるわけです。

一方のアフターピルの場合は、一気にホルモンバランスに変化を与えるため、副作用のリスクは低用量ピルと比べ物にならないほど高くなります。

事後避妊が可能と言っても、副作用などの体への負担は低用量ピルよりも遥かに高くなるのでアフターピルを用いた避妊を行うのは、あくまでも最終手段として取っておくべきなのです。

時間制限があるアフターピル

急激にホルモンバランスに変化を与えて避妊状態を作り避妊するアフターピルですが、一つ気をつけなければならないことがあります。

それが、時間です。

避妊失敗から時間が経過すればするほど、避妊成功率は低下していきます。

ホルモンバランスの変化によって避妊状態となる前に着床してしまえば妊娠してしまうためです。

多くの場合、アフターピルの制限時間は避妊失敗から48~72時間と言われています。

ですが、基本的には失敗からアフターピルの服用までの時間が短ければ短いほど避妊成功率は高くなり、最大で9割以上となるので、避妊に失敗したと思った場合は速やかにアフターピルを用いるようにしましょう。

後になればなるほど、アフターピルを飲んだのに避妊失敗となる可能性は高くなり避妊に失敗した場合に取れる手段は堕胎手術と更に大きな負担を心身に与えることになります。

 

避妊の基本はオブラルLやコンドーム

オブラルLのパッケージ前述のとおり、アフターピルを用いることによって事後避妊が可能ですが、身体への負担は甚大です。そのため、アフターピルを常用するのは非常にリスクが高いといえるのです。

 

ですから、安心安全に避妊を行う場合は、低用量ピルを用いたりコンドームを使ってもらうというのが良いでしょう。

ただし、コンドームは適切な利用がされない場合、避妊確率が大幅に低下してしまい、5割程度となってしまいます。

低用量ピルを服用している場合の避妊率は9割以上でほぼ10割となっていいるので、確実な避妊をしたいと考えている場合は、オブラルLを使い、いざというときの為にアフターピルを準備しておくことで意図しない妊娠を避けることが可能です。

 

オブラルLの購入はこちら

コメント