喫煙者のオブラルl通販は要注意!アイコスも電子タバコNG?

オブラルLの購入はこちら
通販を使う女性通販を利用すれば、病院へ行かなくてもトリキュラーのジェネリック医薬品「オブラルl」を購入できます。

ですが、現在タバコを吸っているという女性は、残念ながらオブラルlはおすすめできません。

病院へ行かなければ喫煙しててもバレないですし、オブラルlを通販することは可能です。ただ、タバコにもオブラルlなどの低用量ピルも同じく血栓症のリスクを高めてしまうので、タバコと低用量ピルの併用はNGです。

なので、現在喫煙中の女性はオブラルlを断念するか禁煙するか選択する必要があります。

 

ここでは、オブラルlとタバコの関係について詳しく解説していきます。

 

喫煙+オブラルlで血栓症リスクが倍増!

喫煙のイメージはじめにも書いたように、タバコと低用量ピルはどちらも血栓症リスクを高める要因です。

血栓症とは血管の中に血液の塊ができてしまい、血流を悪化させる病気です。

低用量ピルの場合には静脈に血栓症ができる場合が多いですが、タバコは静脈だけではなく動脈にも血栓症を起こすため、血栓症のリスクを倍増させてしまいます

血栓ができる部位によって命に関わる重たい病気が発症するので、血栓症は非常に恐ろしい病気です。

 

そのため、オブラルlは年齢が35歳以上で1日15本以上のタバコを吸われる女性の服用は厳禁です。

毎日は吸わない、ヘビースモーカーではないという方であれば絶対にオブラルlの服用がNGというわけではありませんが、健康と美容のためにもきっぱりやめることをおすすめします。

 

喫煙者じゃなくても周囲で喫煙者がいる方は要注意

自分自身は喫煙者ではないものの、同居している家族や彼氏、職場に喫煙者がいる場合にはオブラルlの服用に注意しなければなりません。

というのも、自身が喫煙しなくても副流煙を吸い込んで受動喫煙している恐れがあるからです。

 

自宅の同居人が常に室内で喫煙している、オフィス内の煙が充満した部屋で仕事をしているといった場合には要注意です。

こうした環境で生活している場合には、喫煙者と同等の健康状態、もしくは喫煙者以上に健康状態が悪い可能性があります。

オブラルlを使うかどうか以前に、健康に過ごすためにも環境は変えたほうがいいかもしれません。

 

電子タバコや加熱式タバコはOK?

何か考える女性近年、タバコの値上げや健康被害により、喫煙者の割合は昔に比べて少なくなりました。

ですが、その一方で電子タバコや加熱式タバコの利用者は増えました

こうした商品は紙タバコよりも健康への悪影響が少ないといわれていますが、実際はどうなのでしょうか?

まず、電子タバコと加熱式タバコの違いですが、電子タバコは専用のリキッドを加熱して水蒸気を吸う商品で、タバコに含まれる有害物質は一切含まれていません。

一方、加熱式タバコはタバコの葉っぱを加熱して水蒸気を吸う商品で、ニコチン以外の有害物質は少量しか含まれていません。加熱式タバコはアイコス(iQOS)という商品が有名です。

 

本題に入りますが、電子タバコや加熱式タバコのアイコスなどであれば、オブラルlは使用してもOKなのか?

その答えは、「中身による」です。というのも、一般的な紙タバコではなくても、中身にニコチンや一酸化炭素が含まれていれば血栓症のリスクが高まります

アイコスの場合には、通常のタバコに比べれば有害物質は少ないものの、ニコチンはしっかり含まれています。電子タバコは通常ニコチンは配合されていませんが、オプションでニコチンカードリッジをつけることができます。当然オプションでニコチンをつけた場合にはオブラルlはNGです。

 

電子タバコ・加熱式タバコだから安全!健康に悪くない!と思っていた方も実際には安全とは限りませんので注意しましょう。

 

どうしても禁煙できない方におすすめの通販で買える商品

オブラルLのパッケージ喫煙者が禁煙することは簡単ではありません。ですが、通販では禁煙できない方のための商品も多数取り扱っています。

 

本気で禁煙チャレンジする方におすすめのチャンピックス

チャンピックスはオブラルlと同じ製薬会社のファイザーが販売している禁煙補助剤です。

90日間の服用で約80%の方が禁煙に成功しています。チャンピックスを使用することで徐々にタバコを求めない状態にしていきます。我慢せずに吸いたい気持ちを抑えますので、ストレスなく続けられるのが最大の特徴です。チャンピックスは通販だけでなく病院の禁煙外来でも処方されています。

 

禁煙できないけどピルは使いたい方におすすめのセラゼッタ

オブラルlなどの低用量ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されています。

ですが、セラゼッタは黄体ホルモンしか含まれていません。血栓症のリスクを高めるのは卵胞ホルモンの影響なので、セラゼッタは喫煙者していても使用可能です。

黄体ホルモンのみ配合のピルですが、オブラルlと同じような避妊効果やPMS改善の効果が期待できます。ただし、価格は少し高めです。

オブラルLの購入はこちら

コメント