オブラルlの副作用と症状で悩まない方法

オブラルLの購入はこちら
何か考える女性 ピルというと副作用が強いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、現在主流となっている低用量ピルはどれもほとんど副作用がありません。

副作用が強いとされていたのは、低用量ピルが販売される以前主流だった中容量ピルです。

低用量ピルは中容量ピルに比べ、配合されている女性ホルモンの量が抑えられているので体に優しいです。

オブラルlも副作用の心配がいらない低用量ピルの1つなので、初めて低用量ピルの服用を考えている方でも安心して試せます。

 

ただし、いくら副作用の心配がいらないお薬といっても、副作用がゼロではありません。

ここでは、オブラルlの服用で起こり得る副作用の症状を解説します。

 

オブラルlの副作用は約50%の人に現れる

一昔前のピルに比べてオブラルlなどの低用量ピルは副作用が出にくい傾向がありますが、それでも約50%の女性は何らかの副作用を感じるといいます。

ただ、そのほとんどは症状が軽く、いつもと変わらず日常生活を送れるほどです。

 

特に症状が現れやすいのはオブラルl服用開始1ヶ月間です。

もちろん、最初から全く副作用が出ないという女性もいますが、副作用が出たという方は約1ヶ月間我慢が必要です。体がオブラルlの成分に慣れてくれば徐々に症状は消失していきますので、心配不要です。

 

オブラルlの主な副作用はマイナートラブル

オブラルlを服用することで体内のホルモンバランスが妊娠時と同じような状態に変化させます。そのため、妊娠初期に現れる症状(マイナートラブル)に似た症状が出やすくなります。

症状が人によって異なりますが、オブラルlで現れやすい副作用は以下の通りです。

・吐き気・乳房の張り

・頭痛

・嘔吐

・下痢

・むくみ

・腹痛

これらの症状は比較的軽度のものが多く、継続的に服用することで症状が治まります。

ただし、我慢できないほど強い症状を感じる、1ヶ月経っても症状がマシにならないといった場合には、服用を中止して病院で診察を受けるようにしましょう。

 

オブラルlを飲むと血栓症になるって聞いたけど大丈夫?

通販を使う女性低用量ピルは服用すると血栓症になる…と聞いたことがあります。血栓症とは、血管中に血液の塊ができる病気のこと。血液の塊ができると血流が悪化し、血栓ができる部位によっては命を落としてしまいます。

特に肥満・喫煙者・40歳以上の女性は血栓症になるリスクが高まりますので注意が必要です。

 

ただし、血流を悪化させないようこまめに体を動かしたり、ストレッチをしたり、たっぷり水分を摂るように意識すれば血栓症のリスクを抑えられます。

 

血栓症は怖い病気であることには間違いありません。ですが、オブラルlと同じ成分のトリキュラーは世界中で愛用者がいる低用量ピルです。

そんな危険な薬であれば、使用者は少ないはずですし日本でも処方されていないでしょう

 

確かに血栓症のリスクはありますが、用法用量守れば安全に試せるお薬なので心配する必要はありません。

 

トリキュラーよりも通販のオブラルlのほうが副作用は出やすい?

ピルを服用する女性オブラルlはトリキュラーのジェネリック医薬品です。

有効成分はどちらもレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールで、得られる効果や効能も同じです。

ですが、海外のジェネリック医薬品というだけで副作用が出やすい・副作用が強く出るように感じてしまう方は少なからずいるでしょう。

実際、病院で処方されるトリキュラーと通販のオブラルlでは副作用の違いはあるでしょうか?

 

答えは、「副作用に違いはない」です。

製造国やメーカーは違いますが、同じ成分で作られている低用量ピルなので副作用も変わりません。

ちなみに、オブラルlを製造販売しているのは、アメリカのファイザー社です。ファイザーは世界最大規模を誇る医薬品メーカーで、新薬・ジェネリック医薬品ともに安全性・品質が認められた製品を多く展開しています。

そんなファイザー社から販売されているオブラルlであれば、海外医薬品に抵抗がある方でも安心して服用できるでしょう。

 

副作用を抑える方法はある?

オブラルLのパッケージオブラルlは、服用すると妊娠初期に現れるマイナートラブルに似た症状が現れることがあります。

服用しているうちに症状は治まりますが、それでも辛い…という場合には副作用を軽くする方法はあるでしょうか?

 

就寝前に服用する

オブラルlを服用すると体調が悪くなるといった場合、服用する時間をずらせば解消できます。オブラルlなどの低用量ピルは毎日同じ時刻に服用する必要がありますので、飲み忘れないように朝服用する方が多いですが、基本的に服用する時間はいつでも構いません

そのため、就寝前に服用すれば体調が優れなくても体調不良を感じなくなります。

 

市販薬を活用する

どのような症状が出るかにもよりますが、頭痛や吐き気の症状がひどい場合には市販薬の活用で症状が軽減されます。

わざわざ病院で処方してもらわなくてもドラッグストアで販売されているような頭痛薬や酔い止めで問題ありません

 

オブラルLの購入はこちら

コメント